スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘伝!ピアノ練習法

はじめに・・・「コウハウジングって何?」

コウハウジングは、住む人たち自身がLLCなどの組織を作り、土地の購入や設計、完成後のコミュニティ運営にまで関わる、新しい住まいのスタイル。「自由設計」 「共有スペースで皆で過ごす楽しい時間」 「助け合う経済的な生活」 を実現します。詳しくはこちら→ヴィヴァーチェ・ホームページ
このブログでは、コウハウジングの素晴らしさを中心に、コウハウジングを推進するヴィヴァーチェの活動についてご紹介します。


こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

このブログを読んでくださっている方の中には、音楽家の方も何人かいらっしゃいます。
今日は、ピアノの練習方法に関する、かなりマニアックな話です。

1948年、19歳でラフマニノフ・ピアノコンクールで優勝したセイモア・リプキンは、巨匠ホロビッツに師事していました。

下の写真は、優勝したリプキンと、ホロビッツ、ラフマニノフ夫人です。
Lipkin  Horowitz

私と娘のピアノ教師であるレム・グレイス先生は、ニューヨークでセイモア・リプキンに師事していました。
レム先生は、セイモア・リプキンから多くのことを学び、それを私達に教えてくれます。
(当然ながら、教えられることと、弾けるようになることは別です)。

では、セイモア・リプキン直筆の楽譜と練習方法を紹介します。

楽譜

Ⅰ. Finger movement only.
Arm relaxed, hanging freely; transfer weight from one finger to the other
without any arm stroke. Adjust wrist and arm slightly to find most comfortable
position for each finger. Adjustment is up and down to find neutral position for
wrist (in which neither pulling-up nor pulling-down muscle is under tension),
and rotation of upper arm to find comfortable striking position for each finger.
Play legato, overlapping notes. It should feel as if the weight is resting on the
very end of the finger. For octaves and chords, the sensation is of a squeezing
motion.

補足しますと、、、
指の動きに集中します。腕はリラックス。ひとつの指から次の指へ、重みを移していく感じです。それぞれの指が、ちょうど心地よい位置に落ち着くように、手首と腕を少し調整します。ひとつひとつの音を聞きながら、手首を上下させたり、腕を上下左右に少し動かしながら、心地よい位置を探ります。レム先生は、ひとつの音に2~3秒ずつ時間をかけていました。指の先端に重みが残っていることを感じながら、ゆっくりゆっくり位置を確認していきます。コードとオクターブの練習では、握るような掴むような感覚で弾きます。

私はこの半年ほど、この練習を続けていますが、以前に比べれば、音がクリアーになって粒がそろってきたような気がします

まあ、私の場合は趣味ですので、気がするだけでも幸せになっちゃいます。

ここではⅠ.だけ紹介しましたが、この練習方法は、ⅠからⅤまであります。
興味のある方には、ファックスかメール添付でお送りしますので、ご連絡ください。


ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、ご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。
スポンサーサイト

LA コンサート事情

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で開催された「成田勝美コンサート」に行ってきました。

出演は、成田勝美、成田淳子、竹下圭子という豪華メンバーに加え、地元の男声合唱団「LA. Men's Glee」と、女性合唱団「Grace Notes」。

最近、コンサートに行く余裕もなかったので、久しぶりに素晴らしい音楽に浸ることができて幸せでした。

プログラムもユニークで、シューベルトの「至福」から始まり、オペラのアリア、日本歌曲など盛りだくさん。
最後は私の大好きなヴェルディの「乾杯の歌」。アンコールではカンツォーネも聴けました。

成田勝美コンサート448-174px
舞台中央が成田勝美。ブルーのドレスが成田淳子。赤いドレスが竹下圭子。


ロサンゼルスでは、素人からプロまで、様々なコンサートがたくさん開催されていて、料金も東京に比べると格段に安く、無料だったり、少額の寄付だけのコンサートもあります。

どうしてこれほど日本と状況が違うのか、時々考えます。
様々な要因があると思いますが、ひとつには、東京は不動産の価格も賃料も高くて、安い料金設定ができないということがあると思います。
こちらでは、全般的に賃料などが安い上に、教会や大学など、演奏会を開催できる施設がたくさんあります。

もうひとつは、ボランティアの精神が社会に浸透しているということが、日本との大きな違いだと思います。
こちらでは、寄付やボランティアの機会がとても多く、日常生活の一部になっています。
子供の頃からそのような機会に自然に接していますし、大学に入学するためにも、ボランティア活動の経験などが重要な評価の対象になっています。

そのために、コンサートなどの芸術活動も、寄付やボランティアのおかげで料金を安く設定できるのではないかと思います。


日本は、「経済大国」であっても、「生活貧国」であると言われていますが、アメリカとの比較において、確かに実感することが多々多々あります。
昨日ブログに書きましたサイクリングコースにしても、今日紹介したコンサート事情にしても、そのほんの一部です。

政治家だけの責任にするつもりはさらさらありませんが、国土交通省大臣がたった5日間で、しかも稚拙な失言で辞任とは、、、情けないですね。


次回のコウハウジング説明会は、10月11日(土)です。

コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、ご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。

使わない言葉 (3)

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

私がなるべく使わないようにしている言葉の第三弾は、『興味ない』です。

私がこの言葉を使わなくなったきっかけを書いてみます。

私は、小さい頃からピアノを弾いていましたが、ピアノ曲以外の音楽にはあまり興味がありませんでした。特に、ソプラノの高い声は、興味がないというより、耳にキンキン響いて嫌いでした。

高校2年生の時に、芸大の声楽科を目指していた同学年の女性(M子)から伴奏を頼まれた時も、「声楽には興味がない」と言って断りました。ところがM子の親友から、「伴奏者が見つからないとコンクールに参加できないって言って、M子が泣いてるわよ。」という話を聞き、しぶしぶ承諾することになりました。

いやいや始めた伴奏ですが、M子の表情豊かな歌声に合わせて何回も伴奏をしているうちに、自分の演奏にも表情が出てくるような気がして楽しくなり、銀座のヤマハホールで行われたコンクールが終わる頃には、すっかり声楽のファンになっていました。

それから3年後の1980年9月30日。
ウィーン国立歌劇場日本公演、カール・ベーム指揮、「フィガロの結婚」。

ルチアポップ2

この歴史に残るオペラの名舞台を観て、オペラの素晴らしさとスザンナ役のルチア・ポップに、気が狂ったように陶酔してしまい、いつまでも感激の涙が止まりませんでした。

何としても、あふれる感激をルチア・ポップに伝えたくて、楽屋へ押しかけましたが会うことができず、東京文化会館を走り去る、彼女を乗せたバスにすがりつき、ホテルに押しかけ、ウィーンへ帰ってしまう日には成田空港まで追いかけたのですが、結局会うことができず、大きな花束を抱えたまま、夜空に消えていく飛行機に向かって呆然と手を振ったことを今でも鮮明に覚えています。


もし、あの時、「興味がない」と言い張ってM子の伴奏を断っていたら、28年経っても色あせない感激を経験することもなかったわけです。

以後、私の辞書では、「興味がない」とは、「まだ魅力を知らない」ということです。

何にでも興味を持って、限りある人生を限りなく豊かにしていきたいものです。


後日談、、、

私は芸大の美術学部建築科、M子は音楽学部声楽科に進学し、高2の頃の話をしたことがありました。伴奏者が見つからなくて泣いていた、というのは、親友の作り話であったことがわかり、親友の「ウソ」に感謝しました。

20世紀最高のスザンナと讃えられたルチア・ポップは、1993年11月16日、54才で夭逝しました。
もう、追いかけて行く所がありません。


コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、説明をご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。

何事も基本が大切!

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

今日から、「社長はピアニスト」という新しいカテゴリを作りました。
ピアニストと言っても、プロでも、プロ並みでもなく、ただ単にピアノを弾くことが好きなだけです。

好きな作曲家は、ドビュッシー、ショパン、モーツァルト、リストなど、まあ月並みです。
過去5年間の発表会で弾いた曲は、以下のとおり。

2004年 ドビュッシー 水の反映
2005年 リスト     ためいき
2006年 ショパン   バラード第三番
2007年 ブラームス  ふたつのラプソディー
2008年 リスト     愛の夢第三番

2006年までは、私にとってはかなりの難曲を無理して弾いていましたが、とても弾きこなせないことを実感し、今の先生(ラフマニノフ・ピアノコンクールで優勝したセイモア・リプキンの愛弟子)に師事するようになってからは、曲のレベルを落として、基本重視の練習に変えました。

今年のJMAC主催のピアノフェスティバルで愛の夢を弾いたのですが、やはり納得のいく演奏ができず、徹底的に基本に戻って、今は、ハノン、ツェルニー40番、ソナチネなどを練習しています。
ツェルニー40番の楽譜には、昭和45年9月5日という日付がありましたので、私が10歳の時点まで、38年間逆戻りしていることになります。しかも、練習時間の大半を、片手ずつの練習にあてています。

しかし、この練習を始めてから、自分が弾いているひとつひとつの音をしっかり聴くことができるようになり、少し難しい曲を弾いても、以前に比べて音がクリアーに響くようになってきました。

砂上に楼閣を築くことはできません。
自分の実力を謙虚に認めて、下から順に築いていくことが、結果的には一番近道であることを思い知らされた気がします。

メトロノーム

さて、社長としては、ここで、この話を無理にでも、ビジネスの話に結び付けたいところです。

ビジネスの基本は何でしょうか。

ピアノならわかる気がするのですが、ビジネスの基本となると難しいですね。

いろいろなご意見があると思いますが、私が一言だけ挙げるとしたら、
それは、感謝の気持ちですね。

お客様への感謝、取引先への感謝、部下への感謝(ついでに上司も)、影で支えてくれている家族への感謝。
感謝の気持ち無くしては、事業は砂上の楼閣になってしまうのではないでしょうか。


次回のコウハウジング説明会は、9月13日(土)です。
ご予約は、菊入まで ⇒ 949-292-1546
プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。