スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の花咲くこともある

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

コウハウジングの事業は、参加者と私達コーディネイターが、同じ目的に向かって協力しながら進めていきます。
初めてお会いしてから1年半から2年程度の長いお付き合いになりますので、悲喜こもごも、意外な状況に遭遇することがあります。

(*日本ではコーポラティブハウスという名称が一般的ですが、ブログの中では便宜的に「コウハウジング」に統一します)


ちょっと昔、あるコウハウジングのプロジェクトに、太郎さんと花子さんが参加しました。

ふたりは独身で、プロジェクトに参加するまでは、まったくの他人でした。

太郎さんは303号室を、花子さんは202号室を選び、プロジェクトがスタートしました。

初めて参加者全員が集まった懇親会の時から、ふたりの間には恋の天使が羽ばたいていたようです。

その後、建物の設計と、役所の許認可が順調に進み、各参加者の夢も具体的な図面になっていきました。

その間、太郎さんと花子さんの恋も、人知れず、急速に!進展していきました。

そして、いよいよ着工という時になって、実は、おふたりの着工の方が早かったことが発覚しました。


オメデタ!

さて、それからがたいへん。。。

紙面の都合をかえりみずに繰り返しますが、太郎さんは303号室、花子さんは202号室。

ふたつの部屋は、ほんの少しだけ上下で重なっていました。

何とかならないものか、、、しかし、、、

時はすでに、着工直前で、ローンもそれぞれ別々に申請してあり、今から役所に設計変更の手続きを申請していてはスケジュールも大幅に遅れてしまいます。


*** ここから先は、ブログといえども内密にお願いします ***


1日25時間いっしょにいたいという二人の思いをかなえるために、

人知れず、

床に穴があくことになったとさ。




 恋は、鉄筋よりも引張に強く、コンクリートよりも圧縮に強し (弘行)


次回のコウハウジング説明会は、9月13日(土)です。
ご予約は、菊入まで ⇒ 949-292-1546

Cotati タオル入れ 314-235px
Cotati Cohousing
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。