スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使わない言葉 (2)

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

私がなるべく使わないようにしている言葉として、9月5日に「忙しい」について書きました。

今日の、使わない言葉(2)は、『めんどくさい』です。

ほとんどの人が何気なく使っているこの言葉は、タバコと同じくらい「百害あって一利なし」です。
めんどくさいと思った仕事は、つい後回しになって着手が遅れ、そのうちに他の仕事との関係が生じてさらに問題が複雑になり、雪だるま式にめんどくささが大きくなっていきます。

では、どうしたら良いのか。

私は、自然に生じる「めんどくさい」という感情を言葉にしないように心がけてきました。

感情と言葉は密接に結びついています。
いったん生じた感情を言葉として意識すると、その言葉の刺激が大脳皮質を興奮させて、さらに感情反応を増幅拡大させて感情を固定化していきます。

下の言葉を心を込めて読んでみて、どんな感情が生じるか実験してみましょう。

①「いいなぁ」 「いいねぇ」 「すごくいいよ」 「すてきですね」 「なんと素晴らしい」 

②「ナイス」 「グレイト」 「エクセレント」

③「チョベリグ」 「ゲキヤバ」

いかがでしたか?

①の言葉を読んだ時には、感情が高ぶるのがはっきり意識できますね。

②の言葉では、普通の日本人でしたら、①の時ほど感情が動かないかも知れません。

③70歳以上の人で、この言葉を読んで感情が高ぶったら表彰状ものです。

(ちなみに、「ゲキヤバ」とは、あまりに素晴らしくて心が「ヤバイ」くらいに動いてしまう、という表現を、さらに「激流のごとく」という言葉で強調しているわけです。この言葉を考えた若者も表彰状ものですね!)

これで言葉と感情の結びつきが実感できたと思いますが、逆に言えば、ある感情に対応する言葉が存在しなければ、感情の増幅も固定化も起きにくいということです。

「めんどくさい」と思いかけたら、「わが辞書にそんな言葉は無い!!」と断言しましょう。

「めんどくさい」という言葉を記憶から消滅させることはできませんが、長い間、言葉として意識しないように努力していると、本当にだんだんと使わないようになります。

現に私は、「めんどくさい」ことを思い起こそうとしても、ほとんど思い当たりません。

幸せだと思いませんか?この世にめんどくさいことがないんですよ。



(注意)
精神的に未成熟な子供に、感情を押し殺すことを強要することはやめた方がいいと思います。
感情が認知できなかったり、感情と言葉を結びつけることができない症状を、アレキシサイミア(alexithymia)と言い、心身症、ストレス障害などにあらわれる症状の一つです。アメリカの心理学者ロナルド・F・レバントは、軽い症状のアレキシサイミアが、ごくふつうの男性に広く浸透していることを指摘しました。
男性は、いわゆる「男らしさ」を強要されることによって、感情を素直に表現することを制限されることが多いからだと思います。ロナルドは、「規範的男性アレキシサイミア」という言葉を作っています。



コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、説明をご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

使わない言葉、第ニ弾!待ってました~!

「めんど~くさい」は、ワタシも辞書に登録していなかった言葉なので(笑)、
いちいち頷きながら読んでおりました・・・清々しい気分であります!

共感、ありがとうございます。

Keikoさん、いつも読んでいただいてありがとうございます。
共感いただいて光栄です。

先日、ピアノの「脱力」のことでアドバイスをいただきましたが、「・・・真珠のネックレスを作る感じで音を紡いでゆく・・・」という表現は美しいですね~!Keikoさんのイメージにもピッタリです。

ピアノの先生は、演奏が上手なだけではなくて、イメージをうまく表現できる人がいいですね。私は、気に入った言葉を演奏中に思い出してイメージを膨らませるようにしています。感情の増幅です。

たとえば、小さい音だけど明るく響かせたい時には、「小さな氷の粒がはじけるようなイメージ」。
ドビュッシーを弾く時などにピッタリだと思います。

同感

「めんどくさい」
使いたくない言葉ですね。

私も「使いたくない言葉シリーズ」楽しみにしてます。

嬉しいような、困ったような、、、

このブログは、コウハウジングの情報を広報するために始めたのですが、その他の記事への反響の方が大きくて、どうしたものかと、、、。

とりあえず、何人かのご要望におこたえして(3)を書いちゃいました。
ありがとうございます。
プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。