スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使わない言葉 (3)

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

私がなるべく使わないようにしている言葉の第三弾は、『興味ない』です。

私がこの言葉を使わなくなったきっかけを書いてみます。

私は、小さい頃からピアノを弾いていましたが、ピアノ曲以外の音楽にはあまり興味がありませんでした。特に、ソプラノの高い声は、興味がないというより、耳にキンキン響いて嫌いでした。

高校2年生の時に、芸大の声楽科を目指していた同学年の女性(M子)から伴奏を頼まれた時も、「声楽には興味がない」と言って断りました。ところがM子の親友から、「伴奏者が見つからないとコンクールに参加できないって言って、M子が泣いてるわよ。」という話を聞き、しぶしぶ承諾することになりました。

いやいや始めた伴奏ですが、M子の表情豊かな歌声に合わせて何回も伴奏をしているうちに、自分の演奏にも表情が出てくるような気がして楽しくなり、銀座のヤマハホールで行われたコンクールが終わる頃には、すっかり声楽のファンになっていました。

それから3年後の1980年9月30日。
ウィーン国立歌劇場日本公演、カール・ベーム指揮、「フィガロの結婚」。

ルチアポップ2

この歴史に残るオペラの名舞台を観て、オペラの素晴らしさとスザンナ役のルチア・ポップに、気が狂ったように陶酔してしまい、いつまでも感激の涙が止まりませんでした。

何としても、あふれる感激をルチア・ポップに伝えたくて、楽屋へ押しかけましたが会うことができず、東京文化会館を走り去る、彼女を乗せたバスにすがりつき、ホテルに押しかけ、ウィーンへ帰ってしまう日には成田空港まで追いかけたのですが、結局会うことができず、大きな花束を抱えたまま、夜空に消えていく飛行機に向かって呆然と手を振ったことを今でも鮮明に覚えています。


もし、あの時、「興味がない」と言い張ってM子の伴奏を断っていたら、28年経っても色あせない感激を経験することもなかったわけです。

以後、私の辞書では、「興味がない」とは、「まだ魅力を知らない」ということです。

何にでも興味を持って、限りある人生を限りなく豊かにしていきたいものです。


後日談、、、

私は芸大の美術学部建築科、M子は音楽学部声楽科に進学し、高2の頃の話をしたことがありました。伴奏者が見つからなくて泣いていた、というのは、親友の作り話であったことがわかり、親友の「ウソ」に感謝しました。

20世紀最高のスザンナと讃えられたルチア・ポップは、1993年11月16日、54才で夭逝しました。
もう、追いかけて行く所がありません。


コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、説明をご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ドラマ

『ドラマ』ですねえ・・。

『好奇心』『挑戦』『感動』

どれも生きている証ですね。

No title

私も
食わず嫌い

があるから気をつけないと~!
確かに自分の可能性をつぶしてしまいますよね。

ルチアポップは私も学生時代、学校の図書館でよくビデオみましたv-238

シャルロット・チャーチとか、ルチア・ポップとか、Kiyoちゃんとか、、、
Kiyoちゃんとは好みが合いますねぇ。

!!

「社長はピアニスト」コーナーに反応してしまう私を
お許しください。
でも、お仕事の書き込みも、興味深く読んでますので
ご安心くだされ~~(笑)


プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。