FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由設計の魅力 (3)

こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

まずは、下の写真をご覧下さい。

buza314-233px.jpg

何だかわかりますか?

私は、日本では見た記憶がありません。

アメリカでは、すくなくともロス周辺では、数十年前の中古住宅にも、100万ドルもする新築の住宅にも、この玄関ブザーが設置されています。

日本では、このような前近代的なブザーがいつ頃まで使われていたか、松下電工の知人に聞いてみましたら、昭和30年代前半ではないかとのことでした。半世紀前のことです!

日本では、モニター付のインターホンが当たり前になってきていますね。
訪問者を動画で確認してから、応答するかどうかを判断することができます。

gennkan 262-235px

参考までに、アメリカと日本の犯罪率の比較をしてみましょう。
以下の数字は、2003年の人口10万人あたりの犯罪発生件数です。

         【アメリカ】       【日本(大阪府)】

住居侵入    777.4          256.9

車窃盗     508.5          109.1

殺人       6.3            1.5

レイプ      34.0            2.7

これほど犯罪率の高い国で、どうして、半世紀以上も何の工夫もされないのか、まったく理解に苦しみます。
アメリカでも、モニター付のインターホンを入手することはできるわけですから、ディべロッパーの怠慢としか言えませんね。

当社では、入居者の安全にも気を配ったコウハウジングを計画します。


次回のコウハウジング説明会は、10月11日(土)です。

コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、ご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。