スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由設計の魅力 (4) セキュリティー・ドア

はじめに・・・「コウハウジングって何?」

コウハウジングは、住む人たち自身がLLCなどの組織を作り、土地の購入や設計、完成後のコミュニティ運営にまで関わる、新しい住まいのスタイル。「自由設計」 「共有スペースで皆で過ごす楽しい時間」 「助け合う経済的な生活」 を実現します。詳しくはこちら→ヴィヴァーチェホームページ
このブログでは、コウハウジングの素晴らしさを中心に、コウハウジングを推進するヴィヴァーチェの活動についてご紹介します。


こんにちは。ヴィヴァーチェの菊入弘行です。

IMPACT DESIGN,INC.の黒川修次さんのブログで面白いデザインを見つけたので、ちょっと失敬しちゃいます。

ご披露する前に、黒川さんの略歴を紹介しましょう。

東京工業大学建築学科を卒業し、東京にて多くの建築設計並びに都市計画等に携わる。
その後、ロ-タリ-財団奨学生として渡米しカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)都市計画建築学部 大学院を卒業。在米20年以上。
現在はロサンゼルスに住み、日米両国において、設計のみならず、コンサルティングや講演など幅広く活躍中。
*詳細 → http://www.impactdesigninc.com/jp/aboutus/profile/index.php#1

ご自宅の玄関に取り付けた、黒川さんのデザインによるセキュリティー・ドアです。

security door 2 235-314px    security door 235-314px

以下のようなことを考慮してデザインされたそうです。

・暗かった玄関に光を入れること
・玄関からの風通しを良くすること
・上記2点を満足しながらセキュリティー上安心できるようにすること
・知らない人が来た場合、セキュリティードア越しに話が出来ること

ちょっと日本の格子戸のようでもあるし、見る角度によって表情が変わるようです。
アメリカの住宅は全般的に窓が小さいので、安心して玄関から風を入れられるのはありがたいですね。

↓もっと詳しく知りたい方は、黒川さんのブログへどうぞ。
http://impactdesigninc.seesaa.net/article/106377058.html?reload=2008-10-07T14:17:44

コウハウジングの玄関にも、ぜひ採用したいです。

入居者とも相談しながら、ユニットごとに特徴のあるデザインにしたら面白いですね!


次回のコウハウジング説明会は、10月11日(土)です。

コウハウジングに関する詳しい資料をお届けします。
ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。
メール:info@vivace-intl.com
電話:+1-949-292-1546 菊入まで

また、ご希望の方には、お伺いして説明いたします。
ご連絡をお待ちしております。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

菊入弘行

Author:菊入弘行
VIVACE INTERNATIONAL, INC.
(不動産開発)
代表取締役社長
日本で、コーポラティブハウスを何件も手がけてきました。
アメリカでは「コウハウジング Cohousing」と呼ばれる、この素晴らしい居住形態を、南カリフォルニアで実現させようとしています。
楽しい共同生活と、個人のプライバシーの両方を兼ね備えた「コウハウジング」。
経済的で、安心で、楽しいコウハウジングの暮らしを提案します。

趣味:
・トライアスロン
・ピアノ
・エッチング
・ダンス

最新記事 毎日更新中!
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。